EU首脳会議でロシア危機を協議へ、制裁は見直さず

18日からブリュッセルで2日間行われる欧州連合(EU)首脳会議ではルーブル下落の影響について協議するが、ロシアに対する経済制裁は緩和しない。EU外交筋が明らかにした。

EUとロシアの関係に関する協議の一環でロシアの金融危機について話し合うという。

欧州委員会筋はベルリンで「われわれはロシア経済の動向を懸念し注視している。誰もロシアが深刻なリセッション(景気後退)に陥ることを望んでいない」と述べた。

ただロイターが入手した首脳会議声明文の草案は、ロシアに対する制裁を継続し、ウクライナ東部情勢の政治的な解決を促進するために必要に応じて追加措置をとる用意があるとしている。

ある外交筋はロシアがとっている対抗措置や全般的なロシアの状況がもたらす経済的な影響についてEUは検討するとしながらも「制裁措置の見直しを促す転換点にはまだ来ていない」と指摘した。

別の外交筋は「EU内でロシアのプーチン大統領に対する同情は限定的だ」と語った。

さらに別の外交筋はロシアの状況について、1998年にデフォルト(債務不履行)に陥った時ほど深刻ではないと指摘し、早急な対応は必要ないとの認識を示した。