ドイツ連銀が成長率見通しを下方修正

ドイツ連銀は国内成長率見通しを下方修正し、2015年は6月時点の見通しの半分とした。成長率見通しを今年は1.9%から1.4%に、2015年は2.0%から1.0%に、16年は1.8%から1.6%に下方修正した。

EU(欧州連合)基準の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しは、今年は1.1%から0.9%に、2015年は1.5%から1.1%に、16年は1.9%から1.8%に下方修正した。

バイトマン総裁は成長率見通しを下方修正しながらも。「現在の停滞局面が短期間で終了すると楽観する理由がある」と述べ、国外の状況は来年にかけ改善する可能性が高いとの見方を示した。

[PR] 脅威の的中率で記録更新中!30年以上の市場分析の金融キャリアを持つ「金融プロフェッショナル」から、あなただけに送る株価・株式、投資情報配信サービス!