熊本の郷土料理

桜肉とも呼ばれる馬肉は水分を多く含み、高タンパク質・低カロリー。熊本の食事どころでは実に多彩な料理が提供される。まず、「霜降り馬刺」は味にクセが なく上品なコクが口中に広がる。対して「赤身」はさっぱりとしたクセのない味でこちらを好きな方も少なくはない。また、レバー刺しなど内臓の刺身が食べら れるのも本場ならでは。その他「馬にぎり」、納豆と混ぜた「桜納豆」、「馬焼き」「馬しゃぶ」「馬ホルモン煮込み」などはぜひ食べていただきたい。 馬刺し

馬肉の部位と馬肉料理

馬肉の部位と馬肉料理 馬肉の部位
熊本の郷土料理といえば馬肉料理。霜降り馬刺、赤身馬刺、レバー刺、コーネ刺、心臓刺、タン刺など、馬肉の部位により様々に味や食感が異なる。口 でとろけるような霜降り馬刺には、サシが入った「くらした(肩ロース)」の部位が多く用いられている。最高級の馬刺や馬にぎりのネタとして使われている 「三枚バラ」には特に細かいサシが入っており舌触りも抜群。レバー刺は香ばしいゴマ油が入ったタレで食べると美味。ゼラチンとコラーゲンが豊富な「コー ネ」はたてがみの生え際。ここはラクダにとってのコブと同様に馬のエネルギー源で、色は真っ白で味にコクがあり、「ヒレ」など赤身の馬刺と一緒に食べると 見た目も味もコントラストがたのしめる。 鍋料理では、薄くスライスした馬肉を使って桜ハリハリ鍋や、馬しゃぶ、馬肉のすき焼きも上品な味がたのしめる。「ホホ」はアッサリ味の煮込みで、「アキ レス腱」はおでんに最適だ。「ホルモン」はコクのある味噌煮込みでおいしくいただける。あばら骨の間にあり甘みがある「ヒモ」、サッパリとした「ヒレ」や 少し歯ごたえのある「モモ」、スジがあるが柔らかい「ラム」などは焼いておいしい。きれいな発色の「天丸」は角切りの刺身を納豆とあわせた桜納豆で食べた い。 馬肉は、低カロリーで高タンパク質、鉄分やグリコーゲンが多く含まれ必須アミノ酸を効率よく摂取できるといわれていて、とてもヘルシー。馬肉の本場熊本で鮮度抜群の馬肉料理を味わってもらいたい。